トップ>>晴れるといいね♪>>大人にだって難しい・・・。

晴れるといいね♪

ARAYO店長で2児の父・シゲがお送りする子育て日記です。


大人にだって難しい・・・。


大人でも自分の気持ちが上手く伝えられない事ってありますよね?
そして、自分の気持ちが迷う事ってありますよね?
大人でもそうなんですから、子供達はなお更です。
子供が爆発している時って、そんな状態が多い、
というより、ほとんどがそんな時ではないでしょうか。

自分でも自分の気持ちが解らなくって。。。
自分の思いがうまく伝えられなくて。。。
特に眠くなっている時などは、あっという間に最強イヤイヤモードに突入です。
このモードに入ったら、子供達に恐い物など何もありません。

親のほうも疲れていたり、忙しかったり、お腹が空いていたり、
凄く暑い日だったり(笑)すると、子供と一緒に大爆発!なんて事がありますよね?
人間ですから当然です。そういうときは一緒に爆発してもいいんです。
(と、自分を正当化しています。)
でも、心に余裕がある時(本当はいつもそうありたいですが)は、どうしてますか?

どうか、お子さんをギュッと抱きしめてあげてください。
お子さんの心の中を代わりに言葉にしてあげてください。
「○○ちゃんは、こう思ったんだよね?」と。
初めから正解が出なくても、全然かまいません。何回でも、問いかけてあげて下さい。
もし、問いかけの言葉で泣き方が一段と激しくなったら、
それはお子さんの心の中を当てたか、非常に近い所を突いたと思って間違いありません。
そして、その激しい泣き方が収まれば、
きっと、お子さんはスッキリ、にっこりする事でしょう。
心のストレスがうまーく発散されたのですから。

ギュッと抱きしめ、お子さんの代わりに心を語ってあげる事は、絶対に過保護ではありません。
まず、「お母さん(あるいはお父さん)は私のことを分かってくれている。」という、
安心感がお子さんに生まれます。
それから、「この心のもやもやは、そういうことだったんだ。」と、
自分の心を理解するきっかけにもなります。
こういうやりとりが練習となり、だんだん自分の心を理解するようになって、
自分の思いを相手に上手に伝えられるようになっていくのですから。


追伸。
白状しちゃいますと、私の場合、日常生活の中で、
こんな風にはできない事の方がはるかに多いです。
本当はいつでも、こうありたいんですけどね。
ほんと、大人にだって難しい・・・。です。
「わかっちゃいるけど、出来ねーよ。」という感じですよね。

でも、だからこそ、心に余裕がある時は挑戦してみてください。
たまーに、上手くいったときなんか、それはそれは嬉しいものですよ。



  

55 STREET / 0574 W.S.R / STRAWBERRY7 / アレコレネット / モノショップ / ミツケルドット